ヘルパー 派遣

訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事 | 派遣で働くなら、求人サイト「きらケア」がおすすめ!

訪問介護員(ホームヘルパー)の派遣のお仕事を探すなら、求人紹介サービスのきらケアを使うのがおすすめです。

 

きらケアは、介護業界に特化した求人・施設情報を求職者に提供する、求人紹介サービスです。

 

訪問介護員(ホームヘルパー)の派遣の仕事探しに、様々な役立ち情報を提供してくれます。

 

訪問介護員(ホームヘルパー)の派遣 | 「きらケア」がおすすめの3つの理由

・最大時給1700円!時給高い求人多数!

 

「きらケア」には、高時給の訪問介護員(ホームヘルパー)の派遣求人が多数あります。
取り扱い案件の中で、最大時給はなんと1700円です。せっかく働くなら、時給が高いところがいいですよね。
働きやすい環境の職場なのか?というのはもちろんですが、
きらケアでは多数の求人情報を持っているので、あなたの望む職場環境・仕事で、
時給のいい訪問介護員(ホームヘルパー)の求人も取り扱っている可能性があります。

 

きらケアに派遣登録すると、ネットでは公開されない、おいしい条件の訪問介護員(ホームヘルパー)の非公開求人も知ることができます。

 

・派遣先の内部情報が豊富!自分にあった職場選び

 

「きらケア」には、派遣先の内部情報を豊富に持っているという強みがあります。

 

以前にきらケアから、派遣でお仕事した人からのヒアリング情報や、派遣先に取材へ行ったときに集めたリアルな情報です。

 

派遣先は、時給が高いところが良いのは当たり前ですが、
自分が働きやすい環境なのか?というのも考慮したいですね。
その為には、人間関係、離職率、雰囲気、評判などを知っておく必要があります。

 

「きらケア」ではそのような派遣先の内部情報を豊富に持っているので、
アドバイザーさんから派遣先を紹介してもらうときに、自分に合った派遣先を選択できます。

 

 

・【サポート力◎】アドバイザーが少しでも好条件で働けるよう就業先に交渉!

 

「きらケア」の強みとして、アドバイザー(担当者)のサポート力に定評があります。

 

あなたが希望する訪問介護員(ホームヘルパー)の時給やシフトの条件、待遇面などを、
アドバイザーさんが代わりに就業先と交渉してくれます。

 

あなたが派遣先に直接、希望条件を交渉するのはなんだか気が引けますよね。
それを派遣のプロが代わりに交渉してくれるので、有り難いと思います。

 

また、訪問介護員(ホームヘルパー)として働き出してからでてきた悩みや不安は、
いつでもアドバイザーに相談ができます。
きらケアのアドバイザーさんはアフターフォローも徹底しているのです。

 

 

訪問介護員(ホームヘルパー)の派遣 無資格でもできる?

 

訪問介護員(ホームヘルパー)の派遣のお仕事は、無資格でもできるのでしょうか?

 

答えは可能です。

 

有料老人ホームや特別養護老人ホーム、デイサービスセンターなどでは
訪問介護員(ホームヘルパー)の派遣社員として
介護資格を持っていなくても働いているヘルパーはたくさんいます。

 

というのも、清掃業務、ベッドシーツ交換などはもちろんのこと
食事や入浴介助、排泄介助などの身体介護も、介護資格を持っていなくても、行なうことが可能だからです。

 

しかも現在介護業界は、慢性的な人手不足のため、無資格者でも働いてほしいのが施設がほとんどです。

 

無資格者で派遣社員として訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事をする時、
どこの派遣会社がいいのか?と思っているあなたは、きらケアがおすすめです。

 

きらケアは、
・高時給求人をたくさん持っている
・派遣先の内部情報に詳しい
・担当者のサポートが徹底されている
といったメリットがあるからです。

 

また、今後初任者研修・実務者研修・介護福祉士のいづれかの資格を取りたいと思っているなら、
かいご畑という転職エージェントを使うのもおすすめです。

 

かいご畑から、派遣社員として働くと、
上記3つの受講料が一切かからず、ただで勉強できるというメリットがあるからです。

 

今後3つの資格もとっていきたいな、と思っているあなたはチェックしてみて下さい。

 

 

介護の仕事は、自分を高める事のできる素敵な仕事
介護の仕事をすると当然ながら介護技術だけでなく医療や看護技術も身につきます。
勤務先での介護をするのは当然ですが、例えば道や駅等で人が倒れてた時に救護できます。
先日、駅で若い男性が倒れてました。お連れの方に「お酒を飲みすぎて倒れた」と聞きましたので救急車の手配や救急車が来るまで見守りをしました。この時に介護の仕事をしてなければ救護できなかった。介護の仕事をして人を助けられると実感しました。介護の仕事は、広い意味で世間で役立てる事のできる仕事です。介護の仕事をしてれば高齢者や心身不自由な方へのボランティア活動で活躍する等の様々な方法で世間とのツールができます。
人様のお役に立てる数が増えます。広い意味で世間で活躍できたなら介護の現場だけでなく様々な所から「あなたを必要としてる人がいる」と言われたりします。

 

自分を必要としてくれる人が多いなんて なんて嬉しい事なんでしょうと思います。
介護の仕事は、自分の勤務先だけの活躍では勿体ないです。
折角、介護の仕事で得た知識た技術があるのですから どんどん世間で役立ててこそ自分の価値が高まると思ってます。

 

介護の仕事は、限りなく自分を高める事のできる素敵な仕事です。

 

 

介護職の負担と賃金
介護とは、やり甲斐のある職業で、これからの高齢化社会にはなくて、はならないものなのですが、まだまだ改善されなければならない事が、たくさんあります。介護職をするなかで1番の問題は、給料が仕事の割にあっていない事です。入浴、移動などの力が必要な事もあれば、観察力、判断力が必要な事もあり、精神的にも肉体的にも疲労が多く、夜勤をすれば昼夜が逆転してしまう事もあり、体調が崩れやすくなります。そしてなんと言っても、人手が足りなく休みが取れない事が、多かったです。また、仕事柄抱き抱える事が多く、腰に負担がかかってしまい、腰痛やヘルニアになる人が多く、コルセットや鎮痛剤を服用したりひどくなると、ブロック注射や手術などをしなくてはならなくなり、好きで始めた介護でも辞めざるを得ない状況になってしまった職員さんもいました。まだまだ世の中に認めてられていない事が、多い介護職ですが、大切なご家族を最後まで、面倒を見させて頂くと言う大切な職種です。もっともっと介護職という職種を理解してもらい、現場の状況を把握して欲しい。そして介護職になりたいと思える人が、1人でも増えるように割にあった賃金やサポートを、検討して欲しいと願います。